IMTEX 2025 展示会

インド工作機械・ツール産業

インドは 2023 年に人口で中国を超えて世界一となり、またそれに伴う経済成長を背景に、工作機械・ツール市場は年率30%近く成長するとみられています。インドの工作機械・ツール市場規模は2022年に14億ドルに達しました。今後、2023年から2028年にかけて市場が9.4%の成長率(CAGR)で推移し、2028年までに25億ドルに達すると予測されています。
◆市場規模と成長: インドの工作機械・ツール市場は、国内外の需要の増加により拡大しており、特に自動車産業、航空宇宙産業、エネルギー産業、産業機械、建設機械などで需要が高まっています。
◆自動車産業への影響: インドは自動車産業も大きく成長しており、この成長に伴い、工作機械・ツールの需要が増加しています。特に、自動車部品の製造に用いられる工作機械・ツールの需要が高いです。
◆政府の政策と影響: インド政府は「Make in India」などの政策を推進しており、国内製造業の強化を図っています。これにより、工作機械・ツール産業に対する投資が促進されています。
◆技術革新とデジタル化: 技術革新とデジタル化が進む中で、インドの工作機械・ツール産業も、コンピュータ数値制御(CNC)機械や自動化装置の導入が増加しています。
◆国内外企業の参入: インドには国内外の多くの工作機械・ツールメーカーやサプライヤーが進出しており、競争が激化しています。
多くの企業が高品質でコスト効率の良い工作機械・ツールを提供しています。
◆課題と展望: 一方で、インフラストラクチャーの不足や技術熟練者の不足、環境への配慮、複雑な規制などが課題として挙げられます。しかし、持続可能な技術の導入やスキルの向上、国際的な取引拡大などが展望として考えられています。

インドデジタルマニュファクチャリング産業

新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックは、世界中でデジタル化を加速させ、インドはこの取り組みにおいて重要な役割を果たしてきました。
現在、インドにおけるデジタル製造は、世界的なテクノロジーの取り組みと並行して進行しており、規模は限られています。しかし、今後、規模を拡大し
、特にテイクオフの準備が整っている中小企業に広く導入される必要があると考えられています。
デジタル製造は、インド政府のインセンティブが産業界の利益と一致していることを受け、産業4.0の未来でインドが世界においてテクノロジーリーダ
ーシップを発揮することが期待されている分野です。

インドロボット産業

インドの産業用ロボティクス市場の売上高は、2023年には2億2830万ドルに達する見込みです。
また、2028年までの年間成長率(CAGR 2023-2028)が2.96%と予想され、2028年までには市場規模が2億6410万ドルに達する見込みです。
セグメント内での現在の売上分布は、最大のサブセグメントである自動車産業ロボティクスと電気・電子産業ロボティクスの2つがロボティクスセグメ
ント全体の50%以上を占めています。ただし、その他の産業ロボティクスも大きく伸びが予想されており、2027年までには最大のサブセグメントとなると予想されていることから、まだロボットを使用していない産業での自動化の新しいユースケースの巨大なポテンシャルを示しています。

展示会開催概要

展示会名称: IMTEX 2025 (インド工作機械展)
開催期間: 2025 年1 月23 日(木)~ 29 日(水)
展示会会場: バンガロール国際展示場(BIEC)
展示会会場規模: 約 70,000㎡
出展社数:25ヵ国・約1200社(予定)
来場者数: 約100,000 人(予定)入場対象:関連業界人のみ
主催:Indian Machine Tool Manufacturers’ Association インド工作機械工業会
日 本 代 表 事 務 局:特定非営利活動法人日印ビジネスビューロー
運営: 日印コンサルティング株式会社

インド工作機械工業会(IMTMA)とは

1946年に設立され、現在460以上の企業が参加しているIMTMAは、インドの工作機械産業の最高機関であり、様々な提唱活動を通じてその発展に重要な役割を果たしています。IMTMAは、先進的な工作機械試験施設や先進製造技術開発センターなどの機関を設立し、カルナータカ州に業界初の機械工具パークを設立するなど、政府と緊密に連携しています。IMTMAは、バンガロール、プネー、グルグラムのテクノロジーセンターを通じて技術の発展に先駆けており、主要な展示会であるIMTEXは世界有数の工作機械展示会の一つです。IMTMAは製造業の発展を促進するためにセミナーやサミット、地域の展示会も主催しています。IMTMAによって設立された最新の展示会会場であるバンガロール国際展示センター(BIEC)は、インドの展示会やイベントの生態系の発展のためのエコシステムとして機能しています。

出展対象物

1)IMTEX 2025

■工作機械:旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、マシニングセンタ、研削盤、仕上げ機械、歯切り盤・歯車仕上げ
機械、特殊加工機、超精密加工機、その他の工作機械
■鍛圧機械:油圧プレス、機会プレス、ベンディングマシン、せん断機、鍛造機、線材加工機、プレス・鍛造機用付属機
器、その他の金属加工機
■工作機械:工作物保持具、工具保持具、付属品、部分品、付属機器
■油圧・空気圧・水圧機器 ■歯車・歯車装置
■機械工具(切削工具・耐摩耗工具)・ダイヤモンド/CBN工具:工具材料、高速度鋼工具、超硬工具、ダイヤモンド
およびCBN工具、サーメット工具・セミラック工具、その他の機械工具
■切削砥石・研磨材(剤)
■精密測定機器・光学測定機器・試験機器
■制御装置およびコンピューターシステム
■出版物・広報・文献および報道
■その他工作機械に関連する環境対応機器、装置・機器・資材・製品・技術及び情報

2) Tooltech2025

■作業用品:計測・測定器、脚立、砥石、運搬車、作業用手袋、清掃用品、ポータブルバッテリー、投光器、発電機、除雪機・除雪用品 他
■作業服・作業靴:ワークウェア、安全服、防護服、空調服、防寒服、ツナギ、作業靴・ワークシューズ、足袋、インナー、Tシャツ 他
■安全・防災用品:安全帯・ハーネス、ヘルメット、ゴーグル、安全靴、安全手袋、防災グッズ、避難セット、防災対策用品、工具セット、保護具、衛生用品 他
■作業工具:電動工具、エアー工具、油圧工具、自動車整備工具、工具ボックス、ドライバー、ニッパ・ペンチ、レンチ、スパナ、グラインダー、ハンマー、ハサミ・カッター  他
■園芸・農林道具:のこぎり、チェーンソー、刈払機、草刈機、ヘッジトリマー、スコップ、ショベル、剪
■塗料・接着用品:外壁塗料、木部塗料、遮熱塗料、刷毛、ローラー、ボンド、瞬間接着材、パテ・補修材、テープ 他
■建築金物:釘、ねじ・ボトル、ナット、取手、ハンドル、戸車、棚柱・棚受、丁番、掛金、グレーチング他
■カー用品・自動車工具:ラチェット、ドライバー、プリヤー、レンチ、キャリア、工具ボックス、補修材、保安用品、バッテリー、ジャンパー 他

3) Digital Manufacturing デジタルマニュファクチャリング

■ 3D プリント・積層造形、3D スキャン、先端材料、アセンブリと接合、自動製造とアセンブリ、セラミックス、クリーニングと前処理装置、CNC 制御とアクセサリー、複合材料製造、受託製造サービス、制御、CAD・CAM、冷却水と潤滑油、切削工具・アクセサリー、サイバーセキュリティ、デジタル変革、ドリル・タッピングマシン、EDM、エネルギー・環境効率、環境装置・保護、ERP・MRP・CIM Software、締結、仕上げ・コーティング、フレキシブル製造システム、研削、IIoT(Industrial Internet of Things)、レーザー・レーザーシステム、リーン生産方式、マテリアルハンドリング、計測、検査、試験、金属、計測機器、マイクロマニュファクチャリング、金型製作、ナノテクノロジー、プラントエンジニアリング&メンテナンス、プラズマ切断、プラスチック成形、製造、品質、ロボット、ねじ加工、センサー、ソフトウェア、マシンコントロール、ソフトウェア、工具、ウォータージェットカッティング溶接、労働安全衛生・人間工学 他

スペシャルフィーチャー ロボット / 周辺機器 / 技術

■ 産業用ロボット
<各種製造用ロボットと応用システム> 樹脂成形、プレス、溶接、塗装、機械加工( ロード・アンソード・切断・研磨・
バリ取り)、組立電子部品実装、クリーンルーム、測定・検査・試験・認証、研究・開発・実証、入出荷、
マテリアルハンドリング・搬送、仕分け・ピッキング・包装、AGV・AMR 他<要素技術・関連機器> 駆動・センサ・制御系、モータ、ジョイント、油空圧機器、アクチュエータ、ロボットアーム、ハンド、電気機器、搬送機器、エンドエフェクタ、センサ、認識技術( 画像、音声、接触等)、変速機、減速機、計測機器 他
<構成要素> 歯車、ねじ、ケーブル、コンポーネント、治具 他<人工知能(AI)> ビッグデータ、クラウド、機械学習・ディープランニング、制御コンピュータ、ソフトウェア、コントローラ、FA 機器 他

展示会コンサルティング 及び 実務サポートのご案内

① インド市場のマーケティング、コンサルティング、リサーチ
② 展示会の企画、運営、現地現場管理
③ 小間のデザイン、レイアウト、制作物
④ 輸出入、輸出書類作成、カルネ手配
⑤ インド顧客リサーチ、会議中のアポ取り
⑥ 会場のアテンダント、通訳手配
⑦ セミナー企画、運営、手配
⑧ キーパーソン、商社、流通、企業アポ取り
⑨ 展示会終了後のフォローアップサポート
⑩ 通常、貿易の商流サポート

IMTEX 2025出展ご案内

出展小間費用及び小間の種類

(A) パッケージブース: 1 sqm USD 365 +18%税金 (min 15 sqm)
①貴社名の展示会ガイドブック記載
②スペース
③出展者バッジ(数量限定)
④受付カウンター 1台
⑤会議用丸テーブル 1台
⑥椅子 3脚
⑦スポットライト 100Wx4個
⑧電源 1所
⑨ゴミ箱 1所
⑩カーペット

(B) 室内ロースペース: 1sqm USD 330 +18%税金  (min 36 sqm)
 ①貴社名の展示会ガイドブック記載
 ②スペース
 ③出展者バッジ(数量限定)

仮申し込み